株で稼ぐ方法を見つけて、やる気に満ち溢れる男性

安全なかたちで株をやってみたいと思っている人は多いと思いますが、そんなに甘いものではありません。失敗したくない人のために「株で稼ぐ方法」をいくつかご紹介します。素人の方でも独学で稼げるようになるので参考になさってみてください。

事前に株の用語、情報などを取得しておく

株式投資にこれから取り組む人は投資に関する学習をしなければいけません。
投資に関する学習とは、国内外経済の動向や為替や株価変動などファンダメンタルズに関する情報をしっかりと把握しておく必要があります。
ファンダメンタルズは価格変動に最も影響を及ぼします。
国際社会や経済に目を向ける前に、経済用語や投資用語を覚える必要があります。
世界経済を動かすファンダメンタルズには様々な経済用語があり、アルファベットでの表記や英語での発音など、聞きなれない言葉が多いです。
また、実際にファンダメンタルズ動向を考慮して投資に踏み切るも、専門用語を知っておかなくては取引に支障が出ます。
現在は手数料水準の低いネット証券会社での口座開設が多く、ホームページ上で開設者個人が口座開設を進め、口座開設後に自身で取引を行います。
取引から投資判断まですべてにおいて自己責任で行うのですが、店舗や担当者を設置する従来からの証券会社とは異なり、難しいパソコン操作やホームページ画面に表記されている専門用語などをしっかりと把握せずに取引をすることは損失を招く危険性があります。
株式投資は元本割れのリスクが生じる金融取引であり、市場には多くのトレーダーが利ザヤを稼ぐために多くの資金が投入され、互いの出資した資金の争奪戦が行われています。
とくに、資金量が豊富な機関投資家や大手ファンドなどは、常にファンダメンタルズに注目し、アグレッシブな投資行動を取り、株価を大きく動かすことから個人投資家として高い知識を持っていなくてはいけません。
そのためにも経済用語や株式投資の専門用語を正しく知っておく必要があります。
株式投資にはリスクがつきものですが特に、株価の変動が激しい仕手株にも注意しなければなりませんし、低位株は仕手株の危険性があるため初心者は特に気を付ける必要があります。 株式情報や専門用語は証券会社のホームページから調べることが出来ます。
株式の情報やアドバイスが欲しいというかたは投資顧問を利用するのがおすすめです。投資顧問の数は無数に存在しています、例えばトレーダーズブレインマーケットの口コミ見てみるとわかるように、優良・老舗投資顧問は口コミそのものの数が多く参考にするべき情報が多くありますので是非参考にしてみると良いでしょう。

日経平均を毎日チェックして株の動きを見る

株式を購入した場合、日経平均を毎日チェックすることで株の動きを見ることができます。
個別株の動きはそれぞれ異なりますが、日経平均に代表される相場全体の動きの影響を受けることもあります。
例えばアメリカ市場の動きに影響されて、日経平均も下落するケースがあります。
そうなると、たとえどれほど業績が良い銘柄であっても値下がりを避けることはできなくなります。
そこで一時的に売却し、大きく値を下げたところで買い直しをすれば、購入単価を下げることができます。
日経平均の動きを利用すれば、購入単価を下げるチャンスを得ることもできるわけです。
まさにピンチをチャンスに生かすことが可能となります。
元々業績の良い銘柄は、一時的に下落しても自立反発することになります。
あるいは逆に、経済指標で良いニュースが出るなどの影響を受けて、相場が大きく上昇することがあります。
これは必要以上に買い注文を集めることにより過熱感を生んだ結果と言えます。
このような場合にも、後で反動の下落へと向かうことになるので、一旦ポジションは決済しておく必要があります。
その後株価が下がり元に戻った時に、改めて買い直しをするわけです。
その際には数を増やすことも可能となります。
日経平均の動きを毎日チェックしておけば、このようにして世界情勢などを把握することにもなります。
株式相場から投資資金が引き上げられて別の金融市場に流れ込むようなことがあれば、当面は株式での運用を中止する判断もできます。
これは個別銘柄だけを見ていたのでは、なかなか判断できないものです。
相場全体の動きを代表する日経平均をチェックすることによって、個別株の操作をどのようにすべきかを判断できるわけです。

株の配当金、株主優待などチェックする

株式を購入し長期保有するのなら、ぜひ配当金と優待もチェックしてください。
配当や優待を実施していない企業も多いですが、もし実施している企業であれば、それは大きな投資の喜びとなります。
配当金とは文字通り金銭で、保有株数に応じて受け取ることができます。
銘柄ごとに一株あたりの配当金が設定されており、たとえば配当金2円の株を1000株保有していれば、2000円を受け取ることができます。
優待は金銭以外の物品であることが多く、自社製品であったり、サービスであったりします。
企業によっては自社とは関係のない製品を受け取れる場合もあります。
配当や優待をチェックする場合は、その内容だけでなく、権利日にも注意してください。
配当や優待は権利日に所有しているだけで受け取ることができますが、365日のうち360日保有していたとしても権利日に保有していなければ受け取ることはできません。
配当や優待目当てで投資をする場合は、権利落ちにも注意してください。
ある銘柄が5円の配当を実施している場合、権利日に保有していれば一株あたり5円を受け取ることができますが、その翌日に購入した人は配当を受け取ることができません。
これは見方を変えれば、「配当権利落ち日は、配当日と比べて一株あたり5円ほど価値が下である」と言えます。
そのため配当権利落ち日は、配当相当額分株価が下落する傾向にあります。
せっかく配当を受け取ったにもかかわらず、売却損が出てしまっては元も子もありません。
配当や優待を狙うなら、権利落ち日に一喜一憂しないように長期保有できる銘柄を選ぶか、少なくとも上昇トレンド中の銘柄にしましょう。
高配当や人気の優待を実施している銘柄は、配当権利日の一ヶ月ほど前から上昇トレンドが発生することも多いです。
そういった銘柄は配当や優待だけでなく売却益も狙えるので、ぜひそんな銘柄を探してみてください。

■注目の銘柄はここでチェック
明日の注目株をチェック